株式会社石の廣田

奈良で墓地・霊園をお探しなら「石の廣田」にお任せ下さい!慶応三年より創業させて頂いております。

  • ホーム
  • お墓ができるまで
  • お墓の形
  • 会社概要
  • お問合せ

お墓の移転・墓じまい

お墓の移転について

お墓の引越しとは、既にお墓や納骨堂に納めている遺骨を他の場所へ移すことです。
正式には改葬といい、公的な手続きが必要になります。改葬には4つの方法があり、施主様の目的やご希望でお選び頂けます。

遺骨と石碑をまるごと移動

石碑を持ち込める墓地と持ち込めない墓地があるので、事前に確認が必要です。また、今までの石碑寸法似合った墓地を探さなければなりません。

遺骨のみを全て移動

お客様のご依頼でもっとも多いケースです。
遠くに引越すときの輸送費を考えると1より費用が少なく済場合もあります。

遺骨の一部のみを移動

ひとまず埋葬しておいた遺骨を後から取り出すなどの事情によって特定の遺骨を移すケースです。手続きは引越したい遺骨の分だけ行います。

骨壷の中から遺骨の一部のみ移動(分骨)

既存墓地の管理者や火葬場から分骨証明書を発行してもらいます。
分骨の場合は役場の手続きは必要ありません。

お墓移転のお手続きはこちら

墓じまいについて

古くなったお墓や、管理できなくなったお墓を撤去して、ご遺骨を新しい場所で供養することを墓じまいといいます。
最近は、「お墓が遠方にあり、お参りに行けない」「継承者がいない」という理由から、墓じまいをする方が増えてきました。

墓じまいの流れ

1.新しい供養先の確保

供養先を見学したり、相談会に参加して検討します。

2.現在の墓地を確認

墓地の管理者は?納骨されている人は?
墓じまいをスムーズに行うため、前もって確認しておきます。

3.見積もりをとる

新しい供養にかかる費用は?改葬費用は?など、全体の費用を把握します。

4.総額を確認

費用を把握して、ご家族、ご親族皆様で納得してからの墓じまいをおすすめします。

5.お墓を解体

6.新しい供養先へ

墓じまいしたあとの供養方法

納骨堂で永代供養なら

新しい場所でお墓を建立なら

墓じまいのお手続きはこちら